トイズエイドは、神戸,大阪,和歌山を中心に活動する、おもちゃの病院です。大切なおもちゃを捨てずに修理し(リユース)、いらなくなったら、部品を取って修理につかう(リデュース)、使えるけどもういらないときは、きれいにして地域や海外のお友だちにプレゼント(リサイクル)。そんなこんなのおもちゃを通じた環境保護活動です。

地震関連カテゴリ
東北・関東大震災に関する、ニュースとさまざまな情報も随時掲載しています。子供達のケアに関することを中心にしています。

節電・停電
関西電力エリア版
Yahoo! JAPAN

Yahoo提供の電力予報関西版です。節電は決意すれば出来るもの。たくさん売って、たくさん捨てるための仕事から、続けて使うための仕事に変える事が出来るかどうか?大人がいまその試練に立たされているんですね。


ムーミンオフィシャルサイト
ムーミンの国、フィンランド。一度は行ってみたいですね。

宇宙に近いサイト JAXAクラブ
宇宙に行ってみよう!きみが大人になるころには必ず宇宙が手をふってまっているよ!

トイズエイドバナー
サイトリンクフリー!

環境保護リンク
NPO法人もったいない学会
もったいない学会は、地球の資源が有限であり、資源のむだづかいをやめて、本当のエコを科学的に考えて行動しようという運動をしています。

世界自然保護基金(WWF)
世界最大の自然保護NGO。生態系の保全から地球温暖化防止まで、生物多様性の保全に幅広く取り組む。

※トイズエイドの乾電池代、部品代実費を募金箱に入れています。これからもずっと応援するぞッ!


チームマイナス6%参加ロゴ
トイズエイド院長は、チームマイナス6%に登録し、地球温暖化防止のアクションに参加。チャレンジ25キャンペーンにも参加予定。

現在活動している地域
兵庫県/※休止中
大阪府/※休止中
和歌山県/※休止中
今後の活動予定地域
大阪府/豊中市・河内長野市・泉大津市を予定中 兵庫県/神戸市を予定中 和歌山県/和歌山市を予定中

このサイトで利用しているNucleusプラグインです。

Valid XHTML 1.0 Transitional
Valid XHTML 1.0 Transitional

カテゴリ

検索

rss2.0 image

トイズエイドへの携帯アドレスは、以下のQRコードでどうぞ。
TOYSAID QR CODE
いんちょうのAUでしか動作確認していません。機種によって文字化けがあるかも知れませんが、その際はご一報ください。

グローブワークス
〒000-0000
(事務所策定中)
TEL.050-5539-6274(Skype)
ご用の際は必ず留守電に
伝言・連絡先などを入れ
てくださいね。


【2011/05/05】南三陸町でトイズエイド47を開催【5】

2011年 05月 05日 | Aratano

<予想どおり修理がほとんどなかった被災地>
おもちゃのプレゼント、報道関係の取材と、あわただしく過ぎていった一日。おっと忘れてはいけません。おもちゃの修理はどうなったかというと、当初の予想どおり、修理依頼がほとんどなかったのが実情です。

「おもちゃも津波で流されているものが多い。」という実情は、このイベントの企画前から、MOCの酒井さんにうかがっていました。まったくゼロかも知れないと覚悟していましたが、実際には、4世帯で、PSP(プレイステーションポータブル)、任天堂DSi、DS、DSiL(でいいのかな画面の大きいヤツ)が、合計6台、ヨーヨーが1個。という修理依頼がありました。
上下画面がちぎれてしまった、任天堂初代DSについて、診断の模様をパソコンで説明。直らなくてごめんなさい。
画面の白丸は、上下画面が、ちぎれてしまった、任天堂初代DSです。分解と診断の模様をパソコンで説明、直らないことの説明や、メーカーの修理窓口のことなどを説明します。直らなくてごめんなさい!



<修理の結果とあとかたづけ>
完治したのは、PSPと、ヨーヨー、DS1台のみ。ちょっと残念な結果でしたが、津波で、完全に海水に水没したもの、避難所で兄弟がDSの取り合いをして、本体の上下画面がちぎれたものなど、かなり重症患者が多かったので、いたしかたないかと思います。
プレイステーションポータブルの接点修理とアップデートのことを説明中。PSPは今回が初めてでした。iPhoneのWiFi機能が役に立ちました。

直ったもののひとつ、PSPについて、説明しているところ。アプリケーションのエラーと、接点の不良などでした。アップデートも、MOCさん持参のiPhoneからWiFi経由で接続ができて、いろいろメンテナンスでき、ひとつでも多く直ってよかったと思います。

その分、たくさんのおもちゃをもって帰っていただきましたので、予想どおり、おもちゃのプレゼントで喜んでいただくことが出来て、開催したかいがあったと思います。たくさんの笑顔をいただいて、好評のうちに一日が過ぎていきました。ありがとう。






<撤収~歌津中学校、そして被災地の現場をはなれる>
あとかたづけを行い、教室の黒板はそのままにして、掃除をすませて。。。。なんだか、中学校にもどったみたいななつかしい記憶と感覚になりました。こういうのを既視感といって、フランス語でデ・ジャ・ビュともいいますね。

最後に、この2日間の、子供のためのイベントに、こころよく教室を貸してくださった、歌津中学校の阿部校長先生にお別れのごあいさつ。尋常ではない忙しさの中、さらっとお礼をいって「さようなら~」って行くつもりでした。恐ろしいほどに長く、しかも、過ぎてみれば、あっという間の2ヶ月だったと思いますが、そんなお忙しい校長先生から思いがけないプレゼントをいただきました。
お別れに歌津中学校の校長先生と、いただいた揮毫を手に記念撮影。こころよく迎え入れていただいたこの学校に感謝の念は尽きません。

歌津中学校の校長先生からいただいた、校歌の一節。たいせつにします。
「友あり、道あり、明日あり」と揮毫された、歌津中学校の校歌の一節に、いんちょうの名前をスラスラっとしたためていただきました。とても嬉しい記念の色紙になりました。有り難うございます。

校舎をあとにして、いんちょうの心にわき上がってきたものは、やはり、あの阪神大震災の時のこと。被災地を3ヶ月あまりで、あとにした時の、4トントラックの車中の自分です。過去の記憶と今回では、車もちがうし、被災地に立つ理由もちがうけれど、なんだか、神戸でやり残していることが山ほどあるような気がして、気持ちの置きどころがなかった自分自身の姿です。


このおもちゃ病院キャラバンで、自分の心に傷が残っていることも再発見し、だから、すこし気持ちが晴れました。南三陸町の歌津の、志津川のみなさんのおかげです。元気をもらいました。ありがとうございました。この元気で、また東北のみなさんを応援していきます。いっしょにがんばろう!

« 前の記事へ - 次の記事へ »
---------------------------------------------

コメント


コメントはありません。



コメントをいれる


このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。