トイズエイドは、神戸,大阪,和歌山を中心に活動する、おもちゃの病院です。大切なおもちゃを捨てずに修理し(リユース)、いらなくなったら、部品を取って修理につかう(リデュース)、使えるけどもういらないときは、きれいにして地域や海外のお友だちにプレゼント(リサイクル)。そんなこんなのおもちゃを通じた環境保護活動です。

地震関連カテゴリ
東北・関東大震災に関する、ニュースとさまざまな情報も随時掲載しています。子供達のケアに関することを中心にしています。

節電・停電
関西電力エリア版
Yahoo! JAPAN

Yahoo提供の電力予報関西版です。節電は決意すれば出来るもの。たくさん売って、たくさん捨てるための仕事から、続けて使うための仕事に変える事が出来るかどうか?大人がいまその試練に立たされているんですね。


ムーミンオフィシャルサイト
ムーミンの国、フィンランド。一度は行ってみたいですね。

宇宙に近いサイト JAXAクラブ
宇宙に行ってみよう!きみが大人になるころには必ず宇宙が手をふってまっているよ!

トイズエイドバナー
サイトリンクフリー!

環境保護リンク
NPO法人もったいない学会
もったいない学会は、地球の資源が有限であり、資源のむだづかいをやめて、本当のエコを科学的に考えて行動しようという運動をしています。

世界自然保護基金(WWF)
世界最大の自然保護NGO。生態系の保全から地球温暖化防止まで、生物多様性の保全に幅広く取り組む。

※トイズエイドの乾電池代、部品代実費を募金箱に入れています。これからもずっと応援するぞッ!


チームマイナス6%参加ロゴ
トイズエイド院長は、チームマイナス6%に登録し、地球温暖化防止のアクションに参加。チャレンジ25キャンペーンにも参加予定。

現在活動している地域
兵庫県/※休止中
大阪府/※休止中
和歌山県/※休止中
今後の活動予定地域
大阪府/豊中市・河内長野市・泉大津市を予定中 兵庫県/神戸市を予定中 和歌山県/和歌山市を予定中

このサイトで利用しているNucleusプラグインです。

Valid XHTML 1.0 Transitional
Valid XHTML 1.0 Transitional

カテゴリ

検索

rss2.0 image

トイズエイドへの携帯アドレスは、以下のQRコードでどうぞ。
TOYSAID QR CODE
いんちょうのAUでしか動作確認していません。機種によって文字化けがあるかも知れませんが、その際はご一報ください。

グローブワークス
〒000-0000
(事務所策定中)
TEL.050-5539-6274(Skype)
ご用の際は必ず留守電に
伝言・連絡先などを入れ
てくださいね。


【2011/05/06】南三陸町でトイズエイド47を開催【6】

2011年 05月 06日 | Aratano

トイズエイド47は、無事に終了。5日の夜にはグランディ21で宿泊。小西理事は、先に夜行バスで帰りました。さまざまな思いをいだいての今回のキャラバンは、あっという間に終わってしまいましたが、目に見えるもの、見えないもの。きっとたくさんの収穫があったのだと思います。

いんちょうは、ゆっくりと仙台市内から沿岸部で通行可能なところを走って、残ったおもちゃや物資を、必要なところにお手渡しして、最悪でも5月7日中か、8日の早朝に大阪に帰れたらよいと思っていましたので、6日の午前中は、物資のお手わたし先をさがしていました。
残るおもちゃや文具などを、必要としているところに・・・高速道路もあちこちがひび割れて。
写真は、仙台空港に行く途中の高速道路上ですが、道があちこちデコボコで、低速運転でした。ゆっくり走っていたので、運転中に一枚とりました。左端に写っているのは、おかりした車に貼り付けてあった、エヴァンゲリオン初号機です。帰りは彼との二人ぼっちでした。



何件か、友人、事前に知っていた被災地近辺の連絡先を当たりましたが、朝が早すぎると言うこともあって、午前9時の出発までに決まった場所がありませんでした。さいわい、MOCの岩田さんを通じて、亘理町の役場の関係の方を紹介していただいていましたので、グランディ21をともかく出発。
移動しながら、9時を充分にすぎた時点で、そちらに連絡。2カ所のすこし内陸の小学校を教えていただきました。亘理町立吉田小学校と、逢隈小学校です。

どちらの小学校も、体育館などが避難所となっており、沿岸部で使えなくなった小学校から移ってきた小学生のお友だちが、避難していて、勉強もここではじめている。という小学校です。

避難所の担当者の方がお忙しいのだと思いましたので、無理はせずに移動しながら、ときおり連絡を入れさせていただきました。結果として、逢隈小学校の避難所担当者の方と、先に連絡がとれ、現地におじゃましました。

ここでは、避難所の担当者の方に、残った物資をよく見ていただき、必ず必要になると思われるものだけを引き取っていただきました。マスク2000枚が一箱になったもの(個人の方の物資支援寄付です)や、少し残った、おジャ魔女どれみのフィギュア、JAXAさんのペーパークラフト、折り紙、文具などです。

逢隈小学校の避難所担当の方と、JAXAのペーパークラフトをもって一枚写真を撮らせていただきました。

帰りには、活動報告の一環として必要でしたので、JAXAさんのペーパークラフトを手に、記念写真を一枚。

今回の支援行では、なかなか宇宙教育リーダーとしての、じっくりと腰をすえたペーパークラフトの制作指導はできなかったのが心残りではありました。ましてや、宇宙にまつわる実験や学習はとうてい及びません。








しかし、震災の被害の実情を思うと、これが精一杯なのかなと感じました。とくにJAXAさんのペーパークラフトについては、今後、それがお友だちの手にわたり、避難所での長い時間の中で、しっかりと作られて、JAXAさんの耳に聞こえてくるということを願う、いんちょうでした。

H2Aロケットと、ISSきぼう実験棟のペーパークラフトについて、その後、作ってみた!最後まで完成した!というおともだちがいたら、ぜひ、当会のお問い合わせフォームにでもメールをください。写メールとか送っていただけたら幸いです。

その後は、物資を吉田小学校にも、避難所担当者の方におとどけし、こちらは、大変お忙しそうだったので、ペーパークラフトのみをお手渡ししてきました。

以上の支援行で、予想通り最後まで残ったのは、ぬいぐるみでした。とくに逢隈小学校では、どちらの団体からか、大量に届いたそうで、その後も個人のぬいぐるみ寄付などがつづき、見上げた学校校舎の窓辺には、たくさんのぬいぐるみが顔をのぞかせていました。

また、折り紙についても、600セット近い量を当会から持ち込みましたが、最終的に200セットは、そのまま積んで、大阪にもどりました。時期をずらせば、またニーズはあると確信していますが、避難所での子供の時間のつかい方としては、充分すぎるほどの折り紙が集まってきていたようで、こちらも特定の団体から、大量に寄付があったようです。

ともかくも、モノあまりの現代社会と、エネルギー・環境問題を複雑にかかえている人類のこれからについて、ここでも考えさせられる支援行となりました。

これから、当会としては、震災への復興支援と同時に、石油を中心としたエネルギー社会への警告や、ライフスタイルの変更を余儀なくされている現代人への気づきを与える啓蒙活動を、手を休めることなく続けていこうと思います。

これからも当会の活動にご協力・ご支援をよろしくお願い申し上げます。

【トイズエイドキャラバン47 in 南三陸町 活動レポート終わり】


« 前の記事へ - 次の記事へ »
---------------------------------------------

コメント


コメントはありません。



コメントをいれる


このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。