トイズエイドは、神戸,大阪,和歌山を中心に活動する、おもちゃの病院です。大切なおもちゃを捨てずに修理し(リユース)、いらなくなったら、部品を取って修理につかう(リデュース)、使えるけどもういらないときは、きれいにして地域や海外のお友だちにプレゼント(リサイクル)。そんなこんなのおもちゃを通じた環境保護活動です。

Googleいいね!で応援してください!

地震関連カテゴリ
東北・関東大震災に関する、ニュースとさまざまな情報も随時掲載しています。子供達のケアに関することを中心にしています。

節電・停電
関西電力エリア版
Yahoo! JAPAN

Yahoo提供の電力予報関西版です。節電は決意すれば出来るもの。たくさん売って、たくさん捨てるための仕事から、続けて使うための仕事に変える事が出来るかどうか?大人がいまその試練に立たされているんですね。


ムーミンオフィシャルサイト
ムーミンの国、フィンランド。一度は行ってみたいですね。

宇宙に近いサイト JAXAクラブ
宇宙に行ってみよう!きみが大人になるころには必ず宇宙が手をふってまっているよ!

トイズエイドバナー
サイトリンクフリー!

環境保護リンク
NPO法人もったいない学会
もったいない学会は、地球の資源が有限であり、資源のむだづかいをやめて、本当のエコを科学的に考えて行動しようという運動をしています。

世界自然保護基金(WWF)
世界最大の自然保護NGO。生態系の保全から地球温暖化防止まで、生物多様性の保全に幅広く取り組む。

※トイズエイドの乾電池代、部品代実費を募金箱に入れています。これからもずっと応援するぞッ!


チームマイナス6%参加ロゴ
トイズエイド院長は、チームマイナス6%に登録し、地球温暖化防止のアクションに参加。チャレンジ25キャンペーンにも参加予定。

現在活動している地域
兵庫県/※休止中
大阪府/※休止中
和歌山県/※休止中
今後の活動予定地域
大阪府/豊中市・河内長野市・泉大津市を予定中 兵庫県/神戸市を予定中 和歌山県/和歌山市を予定中

このサイトで利用しているNucleusプラグインです。

Valid XHTML 1.0 Transitional
Valid XHTML 1.0 Transitional

カテゴリ

検索

rss2.0 image

トイズエイドへの携帯アドレスは、以下のQRコードでどうぞ。
TOYSAID QR CODE
いんちょうのAUでしか動作確認していません。機種によって文字化けがあるかも知れませんが、その際はご一報ください。

グローブワークス
〒000-0000
(事務所策定中)
TEL.050-5539-6274(Skype)
ご用の際は必ず留守電に
伝言・連絡先などを入れ
てくださいね。


12月 2007のアーカイブ

2007年 12月 31日 | Aratano

サイトマップ

当会のホームページは、CMSを利用しているため、サイトマップはこちらにブログ形式で記載しております。現在はプログラム出力のため見づらく、結果的には、カテゴリーリストと大差有りませんが、参考にされて下さい。

トップページ


2007年 12月 25日 | Aratano

最近は仕事の流れが変わって、ときどき夕方に家で仕事をしていることがあります。
子供が帰ってきて、少し早めに家族3人で夕食を食べられるようになりました。

「うおりゃぁ~!イナズマ食べッ!」とか言って、子供が食べ始めるので、「なんじゃあそりゃ~?「サインはV」か?(ふッ!古う~!)」とか言いながら、家内にたしなめられるのは私の方ですが。(笑)
子供は「サインはV」って何?てな具合で。。

いわゆる、「ばっかり食べ」の反意語として「稲妻食べ」を、とらえておけばよいのでしょうかね。。

給食を食べる時、おかずばっかり先に食べて、パンをあとから苦しそうに喰ったりするらしいです。これを防止しようと、いろいろ考えた末、たのしくイメージして食べられるようにと言うことでしょうね。

イナズマ食べ。うん。楽しそうです。これなら、全員とは言わないまでも、いくらかの小学生は、実際に実践できるでしょうね。

この言葉を考えた人に。乾杯!

2007年 12月 16日 | Aratano

熊取町煉瓦館で、「よっちょーえ子育てパーク」の一角に陣を張りました。作業室をお借りして、本日の修理依頼は、全部で14件11家族のおもちゃ患者さんでした。

熊取煉瓦館の「よっちょーえ」は、年に一度の熊取最大の子育て応援のお祭りです。「子のわ、人のわ、地域のわ」とのテーマで今年は、昨年よりもひとまわりもふたまわりもグレードアップした感じがありました。

参加者もとても多くなりましたし、開催側もいろいろな団体の方が、それぞれの子育てのノウハウを持ちよって、本当に子供がいきいき出来た一日でした。

トイズエイドは、いつも、終日修理で集中していて、他に何のお手伝いも出来てないのが気になっちゃいますが、そこはそれ。餅は餅屋ですから。

これからも一生懸命、おもちゃ病院院長として頑張りたいと思います。



2007年 12月 16日 | Aratano

よっちょーえ子育てパークでのトイズエイドでは、修理での実費部品代以外に、無償修理だったのですが、あるお母さんから、自然保護に役立つならと言うことで、500円ものカンパをいただきました。ありがとうございます。m(_"_)m

募金箱に頂いたお金はまちがいなく、WWFにお届けします。

年明けの1月中に送金をと思い、このページにも掲載していましたが、その後の宇宙まつり(2月9日~12日)の準備や後始末などで、まだ送金できていません。

必ず、2月末に送金の上、領収書を頂き次第このページに掲載致します。

【今回の募金内容】

タクトスイッチ交換 @25円×4個=100円(アンパンマンジャンケンマシン)
世界自然保護基金への指定募金 500円

以上、ありがとうございました。


2007年 12月 16日 | Aratano

第21回トイズエイドinよっちょーえでは、とても素晴らしい筒編みができる、ニットマジックという玩具が持ち込まれました。

箱まできれいに残されていて、どれほど大切にされているのかが、伺い知れます。
箱までが大切に残されていて、親・子・孫の代まで3代大切に使われているオモチャです。うーん!素晴らしい。ちなみにさりげなく右横に置いている箱は、月探査衛星「かぐや」の紙模型です~。

写真をもう一枚。
いつまでも眺めていたい、とても良いオモチャでした。

とてもシンプルで、女の子の心をくすぐる、素敵なオモチャですね。

» もっとよむ

2007年 12月 12日 | Aratano

JAXAクラブへのリンクを追加しました。JAXA広報部の方には、気持ちよくご許可いただけて嬉しいです。
これからもラグランジェの会と協力して、宇宙教育、環境保護に力を入れていこうと思います。皆様、応援をよろしくお願いします。

おもちゃ病院連絡協議会へのリンクを追加しました。リンクをご快諾くださりありがとうございました。また、森の戦士「ボノロン」と、ムーミンオフィシャルサイトへのリンクを張らせていただきました。

P.S.ムーミンについては、家族で登録会員(無料)に入っちゃいました。

2007年 12月 10日 | Aratano

「人間社会で生きていく」
って事ですよね。簡単に言うと。乱暴なほど簡単な言い方ですが。。。

これも、とても乱暴な考え方かも知れないんですが、地球環境に配慮しながら働くって、99%不可能だと思うんです。これは院長の持論です。もう震災の時から。もうすぐ13年ですが。。。

拝金主義とか、経済優先社会とか、言葉は昔からあるんですけど、真剣に何とかしようって考える人は少ないですよね。つまり、お金儲けはいいこと。経済発展はいいこと。

これが、現状の社会の総意であり、結論です。

ついでに言うと、儲けた人=勝ち組。貧乏な人=負け組。この勝ち組負け組って言う言葉。たぶんマスコミが流行らせたんでしょうけど、いんちょうはだあいきっらあ~い!

で、私は、働かない若者をどうのこうの批判して言うことは、基本的に出来ないと思うんです。

小さな子供のうちからの教育・しつけに関わる問題もあるでしょう。

青年と言われる年になって、多感で物事を割り切って考えられない時に、さまざまな社会矛盾を、確かな哲学で納得させられるだけの大人もいなかったのだと思います。

もう30代にもなると、それまで、物心ついてから20年間も、テレビや新聞、インターネットで、人類の限界について思い知らされます。
そこには、ポジティブな考えは大抵なくて、ネガティブな考えしか浮かばない。

本当に極論かも知れません。でも、働けばCO2が出ます。ものが売れれば環境は破壊されます。それなのにどうして働かないといけないのですか?

この問いに、明確に答えられる人が、そして画期的にこの問題を解決し、目で見てはっきりわかる事業基盤を創成出来る人が登場して初めて、そこで働こうかなって。思えるのだと思います。これが子供の目で見た社会ですし、子供の考え方ですよね。たぶん。

だから、大人の考え方から言うと、「甘ったれるな!現実を見ろ!」ってなります。

最後に、残りの1%は、まちがいなく宇宙です。


2007年 12月 10日 | Aratano

おもちゃ病院を、熊取町の長池オアシスではじめた頃(2003年)ですが、近所で、高校卒業後、その時はまだ働いていないで、ブラブラしていた男の子(っても当時もう20歳すぎですが...)が、おもちゃの修理を、こころよく手伝ってくれたことがあります。

アンパンマンのキーボードでしたが、オモチャのネジをはずし、中を開けたら埃だらけ。
その上、ゴム導電シートの汚れで、あっちもこっちも音が出ないってヤツでした。

蓋を開けて、中の電子基盤をそうじしていた彼は、それはもう必至で熱中してやってます。声をかけても返事もないぐらい(笑)

そんなわけで、このトイズエイドの活動は、ものを大切にする心を育てることもひとつ。

おもちゃを大事にして、電池の捨て方や、続けて大事に使うこと、部品を使い回して活用することなどで、環境保護を行うことがひとつ。

小さな子供に、おじさんたちの修理風景を見てもらって、電子や電機、宇宙や環境の技術に興味をもってもらうことがひとつ。

大きな子供(すんません私も大きな子供ですが)に、修理を手伝ってもらって、社会貢献の方途があることに気づいてもらったり、就職に向けての心のリハビリをしてもらうことがひとつ。

って思いました。

院長は、ながらく自分の好きなことばかりしていて、働いているとは言えないことが、若い頃にかなり長いことありました。
本当のところ、ニート対策という言葉も好きではありません。でも、他にどう呼ぼうかなって、いま思いつく丁度いい言葉がないので、カテゴリ名もこれではじめようと思いました。

これから、少しづつ、若いおもちゃドクターさんが参加されるたびに、思いを書いていきたいと思います。

2007年 12月 09日 | Aratano

あらたの院長が勤めている、今の会社は和歌山県由良町にある、緑化環境資材の会社で、大誠商事株式会社といいます。

社長がみかん畑を所有していて、ミカンの収穫のお手伝い(といっても足手まといかも…)を家内や子供を連れて、行かせて頂きました。

初めてのことでしたが、今年7歳のウチの子の喜びようがフツーじゃ無かったです。
ともかく、見よう見まねでミカンにハサミを入れる。

新鮮な空気の中、すぐ近くにはオーシャンアローなんかが時々走って、最高でした。
一度切り取ったら、また、ミカンのへその部分を短く切ります。
一度切り取ったら、また、ミカンのへその部分を短く切ります。これは、ミカンの枝が、突起していると、ミカン箱に入れたときに、他のミカンを傷つけるからです。なるほど~。

自分で取ったミカンは、また格別に美味しくて嬉しいらしく、帰ってからもパクパク食べて、寝るときは枕元に何個か置いて寝てました。

宇宙に夢をはせるのと同時に、自然に接することも大事ですよね。大人がその行動を具体的に考えて起こさないと、子供も含めた社会は良くならないです。きっと。