トイズエイドは、神戸,大阪,和歌山を中心に活動する、おもちゃの病院です。大切なおもちゃを捨てずに修理し(リユース)、いらなくなったら、部品を取って修理につかう(リデュース)、使えるけどもういらないときは、きれいにして地域や海外のお友だちにプレゼント(リサイクル)。そんなこんなのおもちゃを通じた環境保護活動です。

地震関連カテゴリ
東北・関東大震災に関する、ニュースとさまざまな情報も随時掲載しています。子供達のケアに関することを中心にしています。

節電・停電
関西電力エリア版
Yahoo! JAPAN

Yahoo提供の電力予報関西版です。節電は決意すれば出来るもの。たくさん売って、たくさん捨てるための仕事から、続けて使うための仕事に変える事が出来るかどうか?大人がいまその試練に立たされているんですね。


ムーミンオフィシャルサイト
ムーミンの国、フィンランド。一度は行ってみたいですね。

宇宙に近いサイト JAXAクラブ
宇宙に行ってみよう!きみが大人になるころには必ず宇宙が手をふってまっているよ!

トイズエイドバナー
サイトリンクフリー!

環境保護リンク
NPO法人もったいない学会
もったいない学会は、地球の資源が有限であり、資源のむだづかいをやめて、本当のエコを科学的に考えて行動しようという運動をしています。

世界自然保護基金(WWF)
世界最大の自然保護NGO。生態系の保全から地球温暖化防止まで、生物多様性の保全に幅広く取り組む。

※トイズエイドの乾電池代、部品代実費を募金箱に入れています。これからもずっと応援するぞッ!


チームマイナス6%参加ロゴ
トイズエイド院長は、チームマイナス6%に登録し、地球温暖化防止のアクションに参加。チャレンジ25キャンペーンにも参加予定。

現在活動している地域
兵庫県/※休止中
大阪府/※休止中
和歌山県/※休止中
今後の活動予定地域
大阪府/豊中市・河内長野市・泉大津市を予定中 兵庫県/神戸市を予定中 和歌山県/和歌山市を予定中

このサイトで利用しているNucleusプラグインです。

Valid XHTML 1.0 Transitional
Valid XHTML 1.0 Transitional

カテゴリ

検索

rss2.0 image

トイズエイドへの携帯アドレスは、以下のQRコードでどうぞ。
TOYSAID QR CODE
いんちょうのAUでしか動作確認していません。機種によって文字化けがあるかも知れませんが、その際はご一報ください。

グローブワークス
〒000-0000
(事務所策定中)
TEL.050-5539-6274(Skype)
ご用の際は必ず留守電に
伝言・連絡先などを入れ
てくださいね。


セヴァン・カリス=スズキさんの言葉(2008/06/08更新)

2008年 06月 08日 | Aratano

とても大切な言葉で、今も当時の感動を忘れません。この「こどもたちの眼」のコーナーにぴったりの言葉なので、引用させていただきます。

以前から、このトイズエイドのページ上でも、掲載をして啓蒙しなければって思っていました。

スピーチはYouTubeにありました。以下のリンクです、時間のある方は是非ご覧下さい。
Severn Suzuki speaking at UN Earth Summit 1992 - YouTube

カナダの環境活動家で1979年生まれ。9歳で環境学習グループを立ち上げ、1992年、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開催された環境サミットにおいて、当時12歳でスピーチ。

その内容は、本当に子どもの視点としてはあたりまえ。そして大人にとっては革命的な響きでした。学べ!より多くの大人たちよ。といんちょうも言わせていただきます。


以下、全文を掲載します。ツー・ワン紀州様の承諾はいただいていませんが、今後、時間の経過ととともに、当時の英語でのスピーチをWEB上でチェックし、いんちょう自身の手で再訳する意向です。ご了承下さい。



  「私が環境運動をしているのは、私自身の未来のため。
   未来に生きる子供達のためです。
  行くところもなく、死に絶えようとしている
   無数の動物たちのためです。

 まだ子どもの私には、この危機を救うのに何をしたらいいのか
 はっきりわかりません。

 でもあなたがた大人にも知ってほしいんです。
 あなたがたもよい解決法なんてもっていないっていうことを。

 オゾン層にあいた穴をどうやってふさぐのか、
  あなたは知らないでしょう。
  どうやって直すのかわからないものを、
      こわしつづけるのはもうやめてください。


 私たちは3千万種類の生物からなる大家族です。
 みんながこの大家族の一員であり、ひとつの目標に
 向けて行動しなければならないことを知っています。

 私は怒っています。
  でも自分を見失ってはいません。

 私は恐い。
  でも自分の気持ちを世界中に伝えることを恐れません。

 私の国でのむだづかいは大変なものです。
  買ってはすて、また買ってはすてています。

 それでもものを浪費しつづける北の国々は、
 南の国々と富をわかち合おうとはしません。
 私たちは自分の富を手放すのがこわいんです。

 もし戦争のために使われているお金をぜんぶ、
 貧しさと環境問題を解決するために使えば、この地球は
 すばらしい星になるでしょう。

 私はまだ子どもだけど、このことを知っています。

 学校で、いや幼稚園でさえ大人は私たちに、
 世の中でどうふるまうかを教えてくれます。

  たとえば争いをしないこと。
   ちらかしたら自分でかたづけること。
    生き物をむやみに傷つけないこと。
     よくばらないこと。

 ならばなぜ、あなたがたは私たちにするなということを
 しているんですか?


 環境活動はいったい誰のためにやっているのか。
 それはあなたがたの子ども、つまり私たちのためです。
 あなたがたは私たちがどんな世界に育ち生きていくのかを
 決めているんです。

 父はいつも私に、なにをいうかではなく、なにをするかで
 その人の値打ちが決まるといいます。

 しかしあなたがたのやっていることのせいで、
  私たちは泣いています。

 あなたがたはいつも私たちを愛しているといいます。

 もしもそのことばが本当なら、どうか行動でしめしてください。」

 セヴァン・カリス=スズキ

« 前の記事へ - 次の記事へ »
---------------------------------------------

コメント


コメントはありません。



コメントをいれる


このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。