トイズエイドは、神戸,大阪,和歌山を中心に活動する、おもちゃの病院です。大切なおもちゃを捨てずに修理し(リユース)、いらなくなったら、部品を取って修理につかう(リデュース)、使えるけどもういらないときは、きれいにして地域や海外のお友だちにプレゼント(リサイクル)。そんなこんなのおもちゃを通じた環境保護活動です。

地震関連カテゴリ
東北・関東大震災に関する、ニュースとさまざまな情報も随時掲載しています。子供達のケアに関することを中心にしています。

節電・停電
関西電力エリア版
Yahoo! JAPAN

Yahoo提供の電力予報関西版です。節電は決意すれば出来るもの。たくさん売って、たくさん捨てるための仕事から、続けて使うための仕事に変える事が出来るかどうか?大人がいまその試練に立たされているんですね。


ムーミンオフィシャルサイト
ムーミンの国、フィンランド。一度は行ってみたいですね。

宇宙に近いサイト JAXAクラブ
宇宙に行ってみよう!きみが大人になるころには必ず宇宙が手をふってまっているよ!

トイズエイドバナー
サイトリンクフリー!

環境保護リンク
NPO法人もったいない学会
もったいない学会は、地球の資源が有限であり、資源のむだづかいをやめて、本当のエコを科学的に考えて行動しようという運動をしています。

世界自然保護基金(WWF)
世界最大の自然保護NGO。生態系の保全から地球温暖化防止まで、生物多様性の保全に幅広く取り組む。

※トイズエイドの乾電池代、部品代実費を募金箱に入れています。これからもずっと応援するぞッ!


チームマイナス6%参加ロゴ
トイズエイド院長は、チームマイナス6%に登録し、地球温暖化防止のアクションに参加。チャレンジ25キャンペーンにも参加予定。

現在活動している地域
兵庫県/※休止中
大阪府/※休止中
和歌山県/※休止中
今後の活動予定地域
大阪府/豊中市・河内長野市・泉大津市を予定中 兵庫県/神戸市を予定中 和歌山県/和歌山市を予定中

このサイトで利用しているNucleusプラグインです。

Valid XHTML 1.0 Transitional
Valid XHTML 1.0 Transitional

カテゴリ

検索

rss2.0 image

トイズエイドへの携帯アドレスは、以下のQRコードでどうぞ。
TOYSAID QR CODE
いんちょうのAUでしか動作確認していません。機種によって文字化けがあるかも知れませんが、その際はご一報ください。

グローブワークス
〒000-0000
(事務所策定中)
TEL.050-5539-6274(Skype)
ご用の際は必ず留守電に
伝言・連絡先などを入れ
てくださいね。


COP15へ地球の使者から(小学校高学年のみんなへ)

2009年 12月 18日 | Aratano

いんちょうが、6年目のおもちゃ病院で、ひとりではなくみんなで活動しよう!とかんがえてNPO法人「地球の使者」という集まりを作り、いままでの活動を、気のあう仲間とみんなでやり始めたのが今年の5月です。

今日はこのブログに、地球の使者の代表(だいひょう)として、ひとつのメッセージをのこそうと思います。小学校のみんなにも読んでほしいので、ここにやさしい言葉で書いてみました。ぜひ読んでみてくださいね。

テレビのニュースで、いま、よく聞かれる「COP15(こっぷじゅうご)」という言葉があります。COP15は、デンマークという国のコペンハーゲンという、この国の首都(しゅと)で、12月7日から今日、12月18日まで、世界じゅうの国のえらい人が集まって、開かれています。

日本の京都で、1997年に、地球の温暖化(おんだんか)をふせぐために、いろいろな国の代表が集まって、温暖化の原因(げんいん)になっているとされている、温室効果ガスを出さないように、また、減らせるように話し合った会議(かいぎ)があり、その15番目がCOP15ということです。


この1997年の会議がCOP3で、第3回目のものですが、いくらぐらい温室効果ガスをへらそうよ!と、キチンと目標を決めたということでは意味のある会議でした。

削減目標(さくげんもくひょう)や、排出量取引(はいしゅつりょうとりひき)、カーボンオフセットなどの、むつかしい言葉がゾロゾロとつながって出てきます。

チームマイナス6パーセントの活動に、地球の使者も参加していて、温暖化防止にも賛成しています。大切だと思うから参加するのですが、もっと大切なことがあるのです。むつかしい言葉で言うと「低炭素(ていたんそ)より低エネルギー」なのですが、

それについては、「もったいない学会」という集まりがあって、えらい科学者の先生たちがくわしく書いてくれています。それは、とてもむつかしいので、お父さんやお母さんに読んでもらいましょう。

これについて、簡単に、もっとも大切と思うことを書いておきますね。もちろんこれは、地球の使者の意見です。世の中にはたくさんの意見があるので、その中のひとつと思って読んでくださいね。

4つあります。

ひとつめは、「ほんとうに地球の環境や自然をまもるのに、大切なのはお金ではない。」ということ。お金のはなしが入り口になっているとき、その環境保護の集まりは少しあやしいと思ってください。

ふたつめは、「温暖化をふせぐために、たくさんお金をつかって、たくさんものを買って、たくさんものを作るのは、環境をこわすことになるかも知れない。」ということ。地球の重さと分量は決まっていて、分量をこえる使いかたはできません。よく聞く、「資源は有限(しげんはゆうげん)」という言葉のことです。

みっつめは、「地球の温暖化は、2008年、つまり、去年がもっとも暑くて、これからは寒冷化(かんれいか)する。つまり寒くなってゆく。といっている科学者もたくさんいるのに、放送されていない。」ということ。

よっつめは、科学は、みんなも学校で理科の実験や観察をしていて気がつくと思うけど、「実際に数字やできごとをキチンとしらべて、全部ならべてから見くらべないと、それは科学といわないし、本当のことがわからないで、失敗をしてしまう。」ということ。です。

テレビのニュースでは、これから発展したい、よい暮らしをしたい!と思っている、これまで貧しかった国の人は「環境保護のためにお金をください!でないと環境保護できない。」と言っています。

また、さきに発展して、ぜいたくで便利なくらしをはじめた国は、「お金はこれくらいあげるから、あとは、ぼくたちもがんばっているんだから、ガスがあんまり出ないように機械を買ってください。」と言っています。

どこかおかしいのではないかといんちょうは思います。みなさんはどう思いますか?

いんちょうは思います。このCOP15という集まりは、うまく行かないだろうって。だって、だれかにお金をあげて、そのお金で「環境によい」と書いてある機械をかって山や海がきれいな、いなかの土地にいっぱい取りつけるんです。

それは、環境保護というのでしょうか?

お金で幸せにはなれません。地球も人もたすけることは出来ません。

これから、そのことが、毎年毎年、あきらかになってゆくでしょう。

もういちど、セヴァン・カリス・スズキさんの言葉をよんでみてくださいね。

« 前の記事へ - 次の記事へ »
---------------------------------------------

コメント


コメントはありません。



コメントをいれる


このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。